グループウェアのワークフロー機能に関して

###Site Name###

グループウェアにて最大の有効な機能はワークフロー機能です。

それは、出張精算や改善提案などの書類のやり取りを電子的に行う事ができるようになりました。



グループウェアにて、改善提案を行う場合には、最初に改善提案の書類を作成します。


今までは上司に対して書類を印刷した内容を説明する必要がありました。


しかし、グループウェアではそのようなやり取りを電子化する事ができます。つまり、修正依頼をする場合や却下をする場合にも、コメントをデータ化していきますので、履歴を後から確認する事ができます。
これにより、提案書の作成の履歴も確認する事ができます。



また、場所の縛りもなくなりました。


今までは上司が出張中であれば承認をする事ができず社内での処理が止まってしまう事が多数ありました。

これは社内だけでなく社外からの問い合わせに関しても問題が生じる事がありました。



それが、グループウェアではインターネットに接続する環境があれば社外から新しい改善提案の書類を作成する事もできますし、承認する人も社外にいても作業を行う事ができます。
このやり取りが複数の人に対しても行う事ができますので、社内での事務作業が滞る事が少なくなり安心です。

また支所や出張所とよばれる少ない人数で仕事をしており、上長や管理職の人が他の場所で仕事をしていたとしても、グループウェアを導入する事で問題がなくなります。
このように、社内の書類のやりとりがワークフローを利用すると便利になります。