グループウェアを使った業務の効率化

###Site Name###

現代社会において企業はインターネットやパソコンなどを使って業務や連絡を取ることが日常的に行われています。

社内や支社同士、あるいは部署やチーム内において様々な業務連絡やスケジュールの情報を共有することは業務を行なう上で大切なことです。

業務連絡に使う電子メールやスケジュール管理機能など様々なソフトウェアをチームで使うことを想定して開発されたソフトウェアがグループウェアです。



グループウェアには、電子メールや電子掲示板やスケジュールやワークフローシステム機能などといったソフトウェアが統合されており、それぞれのソフトウェアでデータを共有することが可能になっています。企業がグループウェアを導入することで、企業内で使うソフトウェアの種類を統一することができ、円滑に業務の進行が出来るようにサポートしてくれます。
インターネットやイントラネットの高速化とウェブブラウザの進化によって、近年ではウェブブラウザベースのグループウェアが開発されています。

NAVERまとめ情報を利用してみませんか?

このタイプのソフトウェア群は別途クライアントソフトウェアを用意する必要が無く、ホストコンピューターにソフトウェアをインストールしておき、データを保管することが出来るという利点があります。

バージョンアップも容易ですので、端末毎にソフトウェアのアップデートを行なうという手間を省くことが出来ます。操作性や機能を社内で統一しておくことで、業務の効率化に繋げていくことが可能となります。